京都

スケジュール
3月11日~12日(土日)、6月24日~25日(土日)、10月21日~22日(土日)、2018年1月20日~21日(土日)

2017年度の京都藤原塾は、2016年に続き全4回シリーズで開催いたします。
http://http://fujiwaranaoya.main.jp/kyoto2017.pdf

第1回  3月12日~13日(土日) 
第2回  6月24日~25日(土日)
第3回  10月21日~22日(土日)
第4回  2018年1月13日~14日(土日)
※単発でのご参加も大歓迎です。

▼開催内容

京都藤原塾は今回から戦争と通貨をテーマに、戦前の日本の大陸進出と日本円がたどった数奇な運命について勉強します。教科書は、多田井喜生著『大陸に渡った円の興亡 下』東洋経済新報社1997年8月刊です。本書は上下二巻になっていますが、今回は下巻だけを使います。

戦争と通貨の関係は実に複雑かつダイナミックで、戦争は武力闘争であると同時に通貨の闘争でもありました。本書では大正時代のシベリア出兵から第二次大戦の敗戦に至る間の日本軍の大陸進出と通貨の関係、円がどのように歴史のなかで翻弄されていったかが非公開資料も使って非常に鮮明に書かれています。改めて歴史のなかで繰り広げられた戦争と通貨の現実を勉強していきましょう。



教科書「大陸に渡った円の興亡〈下〉」

シベリア鉄道を東へ送られた、150トンのロシア・ロマノフ王朝の金貨の行方は。円の大陸進出をはかった銀行の足どり、占領地での通貨工作の実態、大東亜共栄圏の幻想...。「円の歴史」から、近代日本とアジアの関係を読んだ一冊です。(「MARC」データベースより)


1 日目 勉強会 14:00~18:00、夕食18:30~19:30頃 その後希望者で懇親会
2 日目 勉強会 9:00~12:00

▼会場
ザ・パレスサイドホテル
http://www.palacesidehotel.co.jp/access/index.html

▼参加費:各回(消費税込み)

(宿泊食事付き)26,700円/人

(宿泊食事なし)20,570円/人


※ 「夕食」をご希望の方につきましては、別途3,600 円にて承ります。
※ 事前振込み制:お申込受付後に、請求書を発行・郵送いたします。
※ キャンセル料:開催日2日前より参加費の50%、開催当日は100%のキャンセル料が発生します。


▼申込み
ご参加ご希望の方は、教科書・請求書等の送付のため
お名前、住所・連絡先を下記へご連絡ください:

株式会社あえるば 担当:中嶋
TEL:0465-44-4750 FAX:0465-44-4751
Email: info@aeruba.co.jp